コンサルハウスHaluno セールス代行コンサルタント・セールスライター

営業が苦手でも技術職スタッフばかりでも集客しましょう!
しかも売り込み営業、お願い営業することなく

  1. HOME
  2. プロフィール

顧客を探すな!新規集客後回しの術

この前ふっと自分のブログのコンテンツ内容を見て、気づいたことがあります。それは、「集客」っていう内容が少ないこと。あれ?なんでだろ?って考えていました。集客しようって載せてるのに、集客に関連するブログが少ないな~っと。

ところで、あなたは売上を上げようと思った時、何からしますか?まず、新規集客して、お客さまを増やさなくちゃって思いますか?それも一つの手ですが、「売上を上げたい!」ってなった時に新規集客に一番最初に手を付けるのは、危険です。

なぜって、一番難しいからです。新規で集客をしようというのは、売上アップの手法の中で、一番最後に考えるのが無難です。新規の集客には時間もお金もかかります。無料のツールで新規のお客さまを獲得しようというのは、よほどの有名人でもなければなかなかできません。

私がブログで集客を盛り込めないのは、きっとそのせいだなって思いました。新規集客はいつも後回しです。

もし、あなたが売上をあげたいと考えているのであれば、まず既存の顧客をリピーターにすることを考えましょう。リピートが難しいビジネスであれば過去に問い合わせがあったお客さまにアプローチしましょう。1度来店している、問合せしているということは、少なくとも全くの新規よりずっと、あなたの商品・サービスに興味がある人たちです。

でも、一応明記しておきますが、売上をあげるのが目的なら、1番簡単なのは単価を上げることです。売り方を変えたり、パッケージにしてもいいですね。これは経営者のあなたなら、その決定権を持っていることがほとんどだと思います。売上をあげたいっ!!と思うのであれば、ぜひ、単価を上げることから始めてください。

さて、集客に話は戻りますが、ダイレクトレスポンスマーケティングの権威、故ダン・ケネディは自身の著書「営業戦略」の中で、こんなことを言っています。

「顧客を探すな!求められるようになれ」

集客の究極は、やはりこれです。そのためには、求められるようになる集客方法や動線が必要になります。これを考えるのが、マーケティングの醍醐味でもあり、最終目的でもあり、最も面白い所でもありますよね。でもそうなってくると、集客はダントツにビジネスの応用編ということになります。

800文字程度のブログで語れるものではありません。でも、集客は必要ですし、経営者さんにとっては知りたい情報ですよね。何かしら、情報提供できるように考えてみようと思いました!でも、やっぱり応用ですから、まずは基礎の既存の顧客をリピーターにしたり、過去の問い合わせ客の掘り起しから、やってみてください♪

コンサルハウスHALUNO
余吾悦子