コンサルハウスHaluno スクールビジネスアドバイザー

理想の顧客が「あつまる」スクール(教室)の作り方

  1. HOME
  2. 人前ではダメですよ!

人前ではダメですよ!

先日、打合せ中のちょっとした雑談でフリーランスの方が所属組織を一か所、辞めたとおっしゃっていました。理由を聞いたところ、大勢の前で吊るし上げのように注意されたということでした。もちろん理由は他にもありましたが、辞める大きな要因だったようです。(その方の名誉のために言っておきますが、他の組織から引っ張りだこなのでその方が抜けた組織のほうが大打撃だと思います)

経営者やチームリーダー、指導者であるあなたは、誰よりも仕事ができます。だから今の地位です。ですが、あなた以外の人はあなたと同じようにはできないのが普通です。

注意する時は必ず場所を考えましょう。誰にも聞こえない所、できれば個室が理想です。地位や年齢が上の人はもちろん、どれだけ新人でも人前で注意されるのは嫌なものです。相手の自尊心を傷つけないよう留意しましょう。人前で言われたことを素直に「そうだな、自分が悪い」って思えるでしょうか?注意する内容など聞けず、あなたに反発するだけです。

そして、じゃあどうしたらいいのか?など改善策を考える機会を与えてあげましょう。もし本人が分からないと言ったら一緒に考えてあげましょう。答えを教えるのではなく、どうしたらいいと思うか聞いてあげましょう。

例えば部下が「目標数字ができませんでした。」と言ってきたら「何やってんだ!!ちゃんとしろ!!こんな数字でお前どうするんだ!!」なんて言っていませんか?この例は目標設定がそもそも間違っていますが部下が報告してきたら、なぜできなかったか聞きましょう。アポ数が少なかったのか、クロージングの仕方なのか、そもそもアプローチ数が少ないかもしれません。もしかしたらアプローチ対象者自体が間違っているかも?そうなってくるとあなたの責任でもあります。

明日から新年度です。新しい人たちと仕事をする機会も増えます。来年度も確実に生産性を上げて成長できるように、そのためには部下を成長させることもあなたの重要なお仕事ですね。

明日は新年号も発表されますね!楽しみです♪

コンサルハウスHALUNO
余吾悦子