コンサルハウスHaluno スクールビジネスアドバイザー

理想の顧客が「あつまる」スクール(教室)の作り方

  1. HOME
  2. プロフィール

集中する環境作り

昨日は集中力持続時間の見つけ方を紹介しました。ベストタイムを見つけたら活用しましょう…と言いたい所ですが、、、
電話はひっきりなしにかかってくる。部下の報告は要領を得ない。おまけに部下のミス、クレーム対応、メールの返信などなど、集中できるまとまった時間なんてとれるか~っ!!という経営者、リーダーも多いのでは?

そうですよね。仕事ができるあなたは誰よりも仕事量が多いんですから。でも、集中するにはそれなりの環境がなければ、どれだけ能力の高い人でも難しいです。なので集中できる環境を意識して作ってあげましょう。

◆集中する時間を捻出するには、タスクをまとめましょう。
・メールはなるべく時間を決めてまとめて返信しましょう。
・電話はすべて折り返しにして、まとめてかけ直しましょう。
・部下の報告はフォーマットを使用し、共有フォルダで管理しましょう。時間を決めてフィードバックを入力するようにします。
・部下のミスの処理は任せましょう。どうしてもという場合は部下都合の緊急なのか、お客様都合の火急なのか聞きましょう。火急の場合は集中などと言っている場合ではないのであなたが対処しましょう。

◆集中力が切れるような電子音はすべてオフにしましょう。
・スマートフォンやパソコンのメール、SNSなどの通知音は一瞬で集中力が途切れるそうです。そこから高い集中力に持って行くには個人差はあると思いますが20分ほどかかるそうですよ。

◆環境が許すのであれば集中できるお気に入りの曲を流しましょう。

もちろん、そうしたいのはやまやまだけどという職場環境の方もいらっしゃると思います。そんな場合は時間帯を考えましょう。すべてできなくてもある程度の環境が作れる時間帯があるのであれば、そこで集中する!という習慣をつけるといいです。

今年は長く桜が楽しめています。タイトルの桜は昨日(4/11)のものです。五条川も空もピンクに染まり桜吹雪が舞いお祭りも終わって人もいなくて、すべて独り占めでした♪

コンサルハウスHALUNO
余吾悦子

コンサルハウス HALUNO アロマ部