コンサルハウスHaluno マーケティングアドバイザー

冒険するように「売る」ことを楽しむ
経営者のためのマーケティング学習

  1. HOME
  2. 数字がすべての数字とは?

数字がすべての数字とは?

先日このブログで「経営者は数字がすべて」とお話ししました。なんかお金の亡者みたいに思われちゃうので補足させてください。

これは恐らく中小企業の経営者であれば本音だと思います。従業員がいる、養う家族がいるなどであればなおさらです。従業員は自分の数字や成績、目の前の仕事、お客様のフォローなどきっと優秀であればあるほど言わなくてもしっかりこなしてくれると思います。ですがビジネス運営全体を見てくれているか?社屋の家賃や光熱費など経費、人件費と売り上げを考え併せて仕事をしてくれているか?というとそんな人はあなた以外にはいません。

経営者であれば運営資金、しかも現金が手元にどれだけあるかが特に重要ですよね。どれだけ売上をあげても売掛とかで現金が入ってこない、売上以上の経費がかかっているとなるとどうでしょう。さらに自分が営業しなくちゃいけない立場だと「このお客様を逃すと会社が…。」なんて必死さや強引さが出てしまいます。

なので前述の「数字」とは売上だけの数字という意味ではありません。

これは聞いたお話で私が実際にお会いした人ではないのですが、年収2億円あっても不安な毎日を送っているという方もいるそうです。安定しないというのはやっぱり不安ですよね。もし可能であればキャッシュフローはそれをやってもらえる専門家にお願いするといろんな意味でかなり楽になります。

でも今はまだ自分でやらなきゃいけないという経営者さんは、数字に固執しつつもお客様が目の前にいるときは心に余裕を持ってお客様のために♪というウルトラ級のスキルが必要という意味の「数字がすべて」です。

私も以前お断りしたお仕事は「あ~もったいない!」という思いでいっぱいでした。売上欲しいですからね。でも無理を言ってくる人って支払いも無理言ってくること多いですから。後ろ髪を引かれる思いでしたがお断りしました。合わないなって思ったら未練なくサクッと断れるくらいの器になれるよう日々精進して参ります♪

コンサルハウスHALUNO
余吾悦子