コンサルハウスHaluno マーケティングアドバイザー

冒険するように「売る」ことを楽しむ
経営者のためのマーケティング学習

  1. HOME
  2. 成長を実感する方法

成長を実感する方法

あなたは成長記録をつけたことありますか?お子さんの?飼っているペットの?お花や家庭菜園?それとも起こした事業、開店したお店の?自分自身の成長を意識したことはありますか?こんな大人になって成長?って思いますか。

以前にご紹介した日誌も年月が経てば立派な成長記録になります。できたこと、変化したことを記録することは成長を実感するアイテムとして最適な1つですし、実は想像以上の威力を発揮します。

そんな自分の成長を実感する手段として以前、セルフコントロールの先生に10年日記を勧められました。10年日記は1ページが10年分に区切られていて、10年分のその日の出来事が1ページでわかるというものです。

勧められたのが15年ほど前なので、私の10年日記は1冊終わっていて今は2冊目です。もちろん毎日続けるようにしていますが空欄の日や期間もあり全部が埋まっているわけではありません。1年前なんてなんも成長してないって落ち込むことの方が多いです。

でも1年では変わっていないように思えますが、2年前5年前、10年前となると自分がちゃんと成長していることが目に見えてわかります。

昨年は例年より桜を含めて開花が早かったみたいでお庭のモッコウバラが咲き始めていて昨年の昨日(2018/4/19)写真を撮っていました。

今年の昨日(2019/4/19)のモッコウバラは開花はまだ全然ですが「え?2倍?」ってくらい成長していてつぼみもいっぱいです。満開が楽しみです♪

これも今だけ見ていたらつる伸びたなってくらいしかわかりませんが、昨年の写真を見てびっくり!と大きな成長を嬉しく思うことができました。

どんなに遅くてもゆっくりでも人は成長しています。でも記録していなければなかなか実感することはできません。毎日が同じような気がする、毎日をこなしているだけと感じるのであれば、手帳の隅でもいいので今日という日を記録してみませんか?年月はかかりますが続けて行けば自分もちゃんと成長していることが実感できます。

プライベートでの成長は日記がおススメです。でも仕事の成長を実感するのであれば日誌です。今日は土曜日なので若干プライベート寄りで許してください。よい週末を。

コンサルハウスHALUNO
余吾悦子