コンサルハウスHaluno マーケティングアドバイザー

冒険するように「売る」ことを楽しむ
経営者のためのマーケティング学習

  1. HOME
  2. 失敗しないチャンスの女神の前髪をつかむ方法

失敗しないチャンスの女神の前髪をつかむ方法

「チャンスの女神は前髪しかない」ってよく聞きますけど、ご存知ですか?実は2通りの説があって、チャンスの神はギリシャ神話にでてくる男性神「カイロス」という説と、ローマ神話にでてくる運命の女神「フォルトゥーナ」という説です。

どちらも共通するのは、「前髪しかないから、すぐにつかまなければ、通り過ぎた後で手を伸ばしてもつかめない。チャンスが目の前に来たら、つかもう!」ということです。

今回は、このチャンスの女神の前髪を失敗しないで、しっかりつかむ方法をご紹介します。

チャンスはどこにある?チャンスに気づく

ところでこの前髪しかないチャンスは、いったいどこへ行けば見つけられるのでしょうか?まずは、チャンスがどこにあって、どうやって気づけばいいのか見ていきましょう。

チャンスと幸運の関係

チャンスと幸運はとても密接な関係です。なぜなら、幸運の中にチャンスが埋もれているからです。幸運とは準備がチャンスに出会うこととは、アメリカの俳優オプラ・ウィンフリーの言葉です。しっかり準備をした人の下に、チャンスはやってきて、それを幸運といいます。つまり、幸運と感じる心にチャンスはやってくるということです。

あなたは運がいい?運が悪い?

さて、幸運とは「運がいい」ことですが、あなたは運がいいと思っていますか?悪いと思っていますか?あなた自身の運がいいとか悪いとかは、あなたの心が判断することです。

パナソニックの創業者、松下幸之助さんは採用面接の際に必ず聞いていたことがあります。それは「あなたは運がいいですか?悪いですか?」です。もし運が悪いと答えたら、どんなに採用試験結果が良くても高学歴でも、不採用にしたそうです。なぜでしょう?

自分は恵まれている、という心の持ちようは、生きていくうえでとても大事です。仕事と考えてももちろん、幸運だと思う人の方がいい仕事をしてくれるのは間違いありません。

同じようにパナソニックという大企業の最終面接までたどり着いた「チャンス」も、幸運と思うか、不運と思うかで、大きく道が分かれてしまいます。

まずは、自分の心の持ち方を見直してみましょう。チャンスに気づけるかどうかは、あなたの考え方次第です。あなたは運がいいですか?

気づいたチャンスをつかむためには

インターネットの発達によって、私たちの生活は格段に便利になり、以前に比べると実はチャンスは山のようにあります。

・資金がそんなになくても、会社を立ち上げたり、独立したりできる。
・探したいものがレアでも、行きたい所が遠くても情報が集められる。
・外国の友人や恋人が欲しいと思えば、SNSで知り合える。

でも、こんなに情報過多だと、前髪だけのチャンスの女神は、次々と目の前を通って行きます。あなたが、本当にこれはチャンスだと思うものだけをつかめるように準備しましょう。

人生は回転寿司

人生は回転寿司と例えたのは、スピリチュアルカウンセラーの江原啓之さんです。まさに人生は回転寿司、狙ったお皿を取らないと次から次へと流れていってしまいます。次に希望のネタが流れてくるのは、いつかわかりません。

初めて、回転寿司に行ったときのことを覚えていますか?私は、目移りしてしまったり、お皿を取るタイミングが分からなかったりしました。タイミングがつかめるようになると、今度はあれもこれも取ってしまい、お腹がいっぱいになった頃、なんとも魅力的な一皿が流れてきたことも、よく覚えています。当然、お腹いっぱいで食べられませんでした。

限られた予算で食べたいお寿司を選定する

回転寿司は1回来店して食べられる量も、予算も限られています。その中で、本当に食べたいものをしっかり吟味しなければ、楽しめません。何を選ぶのかしっかり準備しましょう。中には今日のおススメが、出てくるまでわからないけど、出てきたら大好物だった!なんてこともあります。

【チャンスの準備】
・あなたが本当に欲しているチャンスは何か(最も食べたいものを決めておく)
・周りの小さなチャンスも頭に入れておく(お寿司以外のサイドメニューはどうするか)
・予期せぬビッグチャンスに対する心の準備(今日だけのおススメが大好物かもしれない)

チャンスをつかむためには、日頃からあなたの希望をリストアップするなどして、明確にしておきましょう。チャンスの女神は前髪しかありませんが、次から次へとあなたに訪れてきます。過ぎ去ってしまったチャンスに後悔している暇はありません。

チャンスは、回転寿司のように、あなたの好きなように選り好みできるのです。

自らチャンスを作る方法

チャンスに気づけるようになったら、あなたの目の前には、たくさんのチャンスが存在していることを実感できます。ですが、思うようなチャンスではないと感じたら、自らチャンスを作ってしまいましょう。回転寿司なら、別で希望を注文することです。

チャンスの中にどっぷりつかる

前述したとおり、チャンスは幸運の中にあります。なので、幸運の中に入ってしまいましょう。例えば、女優になりたいのであれば、あなたの憧れる有名女優の所属する劇団や事務所のオーディションを受けましょう。女優の卵同士で売れないねと言っていないで、成功している女優の付き人でもなんでもいいので、成功者の世界に身を置きましょう。

あなたの希望するチャンスがゴロゴロしています。成功していない者同士で、お互い頑張ろう!と励まし合うより、数百倍チャンスに巡り合える確率が高いです。

あなたの希望する成功者たちは、どこにいるでしょうか?どうしたら会えるのか考えてみましょう。

まとめ:自分の人生の幸運を数える

チャンスが見つけられるかどうかは、チャンスが見えるかどうかにかかっている。チャンスが見えるかどうかは、あなたが世界をどう見るか、そしてどんな状況に出会うかによって決まる。
(エベン・ペーガン著「チャンスを見つける19の法則」より)

 

あなたがもし、世界をどう見るかに自信がない時は、自分の人生に訪れた幸運を数えてみましょう。たくさん書き出してみましょう。あなたは自分がどれだけの幸運に恵まれて、ここまで生きてきたか、きっと気づくことができます。