コンサルハウスHaluno マーケティングアドバイザー

冒険するように「売る」ことを楽しむ
経営者のためのマーケティング学習

  1. HOME
  2. トレンドよりカッコイイより希望を聞いて!

トレンドよりカッコイイより希望を聞いて!

あーやっぱり。

先日、仕事用のスーツを家の近くで買いました。男性用スーツが80%の売場なので、オシャレな男性スタッフさんしかいません。その時点で、ちょっとだけいや~な予感がしたんです。

でパンツの裾調整してもらったんですけど、出来上がりが短いんです。

知ってます!今どきの若い女性は短いのが流行ってるんですよね!でも、私はおばちゃんなんで、裾が短いのは気持ち悪くてイヤなんです。
だから調整してもらっている時に、何度もそれを伝えたんです。「もうそんな歳じゃないので、長めでお願いします。」となるべく、希望を聞いてもらえるように言ったんです。

でも調整してるときから、そのオシャレスタッフさんは、私の希望の長さに納得してない様子でした。彼の美意識に反するんでしょうね。あんたがはくんじゃないのにっ!って思いながら、だから~オシャレに敏感なスタッフはおばちゃんには困るんですよね~。

それでもクリップでとめてもらったときはいい感じだったのに、出来上がりを後日取りに行ったとき、見せてもらってすぐに「やっぱり短い」と分かりました。試着しますか?と言われましたが、もうわかってるからいい。と思い、試着せずに帰って、家で鏡を見ながら大きなため息です。「はあ~これがトレンドなのね…。」

あなたは、思い込みで売っていませんか?

もし、パンツの裾が長いせいで何かに引っ掛かるなどのリスクがあるなら、それは説明するべきです。ですが、スタッフのこっちの方がカッコイイからなら、それはただの思い込みです。
お客さまの意見には、ぜひ!耳を傾けてください。その上でそれ以外の選択肢の方がお客さまのためになるのであれば、ちゃんと説明して提案してください。

これは専門性が高かったり、こだわりが強いほど顕著です。今回の場合、オシャレや流行に敏感でこだわりをもっているスタッフさんだからこそ、「短い方がいいだろう」という思い込みの結果です。

世の中のトレンドがすべての人にとっていいわけではないです。私には流行りだからとか、こっちの方がカッコイイとかより、足首まですっぽり覆われてて温かいという機能性の方が大事です。10代の子に流行っているヘソだし肩だしTシャツを、おばちゃんに勧めるようなもんです。

足首出ると冷えるんですよね。これから寒くなるのに~。

===============================================
2020年の今頃、笑っていられるような
準備セミナーです。

来年?今でいっぱいいっぱいだ!っていう
あなたにこそ!時間を割いてほしいです。

全国に散らばっている200名の様々な
専門コンサルタントが開催しているセミナーです!
なので様々な業種に対応できます。

来年のために、今、何をするべきか?明確にする
「Web集客メディア活用セミナー」やります。

詳細は↓↓↓↓↓

トップページ

================================================