コンサルハウスHaluno スクールビジネスアドバイザー

理想の顧客が「あつまる」スクール(教室)の作り方

  1. HOME
  2. タスクが多い時のお仕事やる気アップ法

タスクが多い時のお仕事やる気アップ法

やる気があるとか、ないとか言ってられるうちは、まだいいのかもしれませんが、やる気がない時ってありますよね。そんな時、あなたはどうしますか?基本、私は食べるか、身体を動かします。でも、昨日は書き出したタスクが多すぎて、食べるとか体動かしてる場合じゃないという理由で、やる気をなくしていました。

それで以前に師匠がおススメしていた、「ふせん」を使う方法を思い出しました。ノートに書きだしても、多すぎてごちゃごちゃしているため、順番も決められないし…。ふせん使ってみよう♪ってことになりました。

まず、1つのふせんに1つのタスクを書き込こみます。全部で21個。はぁ~多すぎ。と思いながらも、まずは絶対に今日やるものとそうでないものとで分けます。これ明日以降、これ今日絶対っ!なんてペタペタスケジュール帳の表紙に仕分けして行きました。

なんだか楽しい!このシール感覚。子供ってすごくシール好きですよね。でも大人もシールは好きなんだそうです。言われてみれば、この感じ楽しくなってきました。

早速、タスク1つサクサク終了!で終了したら、今日の日付を入れて完了ページに貼ります。この完了ページにふせんが増えていく感じがいいって、そう言えば師匠が言っていました。確かにっ!!早くふせんを完了ページに移動させたくてなぜかガンバっちゃいます。

ということで、朝はタスクが多すぎてパニクッていたのが、明日以降にやればいいものも把握できて、今日だけに集中できスッキリ!!これ、とってもおススメです。

1.ふせんにタスクを1つずつ書き出す。
2.今日のスケジュールに今日の分を貼り付ける。
3.明日以降のものも、実行予定の日付に貼り付ける。
4.できたものから、別で完了ノートを用意してふせんを貼りかえる。
5.もしできなくても、ふせんを別日に移動させるだけ。

自分に自信がなくなった時、落ち込んでる時に完了ノートをみて、「自分はこんなにやってきたんだ」「こんなにいろんなことができるんだ」って見直して、モチベーションアップすることもできますよ。

ただ、毎日のルーティンはタスクに入れないので、それある人は楽しさに気を取られて忘れないようにしてください。私、タスクは完了したのですがルーティンのこのブログを忘れていて、ええ、結局深夜です…(^_^;)

良かったら試してみてください。

コンサルハウスHALUNO
余吾悦子