コンサルハウスHaluno スクールビジネスアドバイザー

理想の顧客が「あつまる」スクール(教室)の作り方

  1. HOME
  2. プロフィール

グルグルツールに振り回される

Google Analytics(GA)初級セミナーを受けてきました。参加者はWEBやマーケティング業界などの方々10名ほど。時間配分が出来ていなかったのか、肝心なところが中途半端なままセミナー終了になってしまいました。GAってとっても奥深くて難しいのでわからないままでした。私の理解力のなさも大きいと思いますが、とっても残念です。

後からレジュメ見てもわからず、、、とレジュメを見ると「あっ、パワーポイント使ってる。」はい、あのマイクロソフト社のプレゼンテーションソフトのことです。

ご存知の方も多いと思いますが、トヨタやAmazonはもう10年以上前から社内資料をパワーポイントで作成することを禁じています。資料の内容ではなく、デザインやアニメーションに時間をかけてしまうから。そして箇条書きが多いため後から見ても詳細がわからないということも理由なのですが、ホントだって実感しました。

専門学校のOffice講師をしている私は、この春からパワーポイントの授業に入ります(笑)。10代の若者相手なので試験対策ですが、以前に社会人の担当をしていた時にこんなことがありました。

一通り操作を終えた最終日に、趣味や旅行、仕事のことでもなんでもいいので起承転結4スライドでプレゼンテーション資料を作成して下さい。簡単で構いません。とお願いして1時間作業してもらいました。その時20代~50代の11名受講者がいたのですが、さて何名4スライド完成させられたでしょうか?



答えは0(ゼロ)名です。「文章は1文でもネットからコピペでもいいので作り込むのではなくアウトラインでいいから完成させること」と言って、完成を体感してもらいたかったのです。1時間もあったのに一番できていた人で2スライド目の途中でした。みんな学習した機能を駆使しようとしてしまったのです。(ただ、このケースは私の伝え方にも問題があったのかもしれません。)

パワーポイントもGAも出したい結果のためのツールでしかないんですけど、どうしても操作方法に重点がいってしまいます。これは今の教育ほとんどに言えることかもしれません。ツールに振り回されないようにしましょうね。もちろん私も含まれます(^_^;)

コンサルハウスHALUNO
余吾悦子

コンサルハウス HALUNO アロマ部