コンサルハウスHaluno マーケティングアドバイザー

冒険するように「売る」ことを楽しむ
経営者のためのマーケティング学習

  1. HOME
  2. こうすればきっと売れるようになるという幻想

こうすればきっと売れるようになるという幻想

ちょっと前にお会いした方から相談に乗って欲しいとのお話をいただきましたが、お話を聞いてお断りしました。

具体的な内容がお話できないので、規模が違いますが別の例でお話します。私の大好きな「カンブリア宮殿」から、まだつい2~3週間前くらいに放送されたもの、廃れてしまった草津温泉を人気観光地に変貌させた町長のお話です。

町長は街の中心にある湯畑を整え、その周りの荒れた駐車場に温泉施設などを建てて街の景観を変えることを提案します。が温泉街の商店の人は荒れた駐車場でも、なくてはお客がきてくれなくなると反対します。反対の声を押し切って町長が断行した政策は大成功を収め、今では人気温泉のモデルケースだそうです。

この場合の町長の考え方が経営者であれば問題ないのですが、今回お会いした方は反対する商店の方の考え方でした。駐車場がないとお客が来ないと考えたのはお客様ではなく商店の人自身です。「こうしたい、こうすればきっと売れるようになる」というのが、それ本当にお客様の希望ですか?という内容でした。

草津町長の黒岩氏が行ったことは、思い付きや自分のアイディアではありません。徹底的に観光客の声を聞いたのです。どれだけ素晴らしい考え方でも、あたかもお客様のことを考えているようなアイディアでも、お客様が欲しいと思わなければ売れません。それをリサーチもせず、きっとこうだから小手先のテクニックでなんとかならないの?と言われても協力することはできませんよね。

私たちも当然ですが、売れるか売れないかなんてやってみないと分かりません。しかも結果がでるのには時間がかかるのが普通です。だからこそいろいろな方法をお伝えして試してもらいます。ですが今回の方は「こうしたい!」というたった1つの方法を変えられない経営者でした。

もしかしたらその考え方を変えるのも、できるコンサルの仕事かもしれませんが、まだまだ私は修行が足りないようです。

コンサルハウスHALUNO
余吾悦子