コンサルハウスHaluno セールス代行コンサルタント・セールスライター

営業が苦手でも技術職スタッフばかりでも集客しましょう!
しかも売り込み営業、お願い営業することなく

  1. HOME
  2. プロフィール

「成功」に絶対はずせないあるモノとは?

昨日、加入しているサービスから案内のメールが来ました。最初に私の名前がフルネームで入っていました。余吾悦子さん ○○(会社名)のY(差出人の名前)です。ところが、読み進めていくと途中で「冬野さんの現在の~」とでてきます。登場人物は担当者、つまり差出人のYさんと私だけのハズ?冬野さんって誰?と、最初は分からなかったのですが、冬野さんのところを余吾さんにすれば、つじつまが合います。あっ、コピペして修正しなかったのね。。。

私の苗字の漢字「余吾」は、正しく書く人の方が少ないので漢字間違いは慣れているのですが、別人?一瞬、文面が理解できませんでした。とはいえ、これくらいの間違いならきっとほんのケアレスミスですよね。

ですが、このメールが届く数日前にこの担当者Yさんから、電話がかかってきました。知らない番号だなと思い電話に出ると、「あのYです。」と言われたんです。えーっとどちら様?普通「○○のYです。」ですよね。そして、「更新のお手続きされていないのですが、メール届いていないですか?」と聞かれたので届いていないと伝えると、再送しますとのこと。

そして、いただいた再送メールには「再度の連絡になります。お手続きが未完了のかたにお送りしています。」ってまるで私が忘れていたみたいじゃんっ!!ホントに届いてないんだってばっ!!という一件があった後の、「冬野さん」事件!

私も経験あるんですが、続く人って続いちゃうんですよね、ミス。いえ、今回の場合ミスと言うほどのレベルでもなく、気配りに欠けていただけなんですけど、それでも連続すると、こうも簡単に「信頼」が崩れます。と、今回お客様の立場で実感しました。もう、この会社の勧めるものはやめようと思いました。

仕事に限らず、どんな人間関係にも言えることですが、信頼は成功の鍵です。人によって「成功」というとそれぞれ違うと思いますが、一つ絶対にはずせないものがあります。それが「信頼関係」です。成功は誰かと競争で勝利を収めるものではなく、誰かとの信頼関係の上に成り立つものです。

ですが、この「信頼関係」というのは、貯金のように相手への小さな信頼をコツコツ積み立てなければいけません。そして、お金と同じようにちょっと気を緩めるとあっという間になくなってしまいます。これを名著「7つの習慣」の著者コヴィー博士は信頼口座と呼んでいます。

今回の私の例は、私の器が小さすぎたのかもしれませんが、あなたの知らない間に、こんな風に信頼を失っていることは、あるかもしれません。相手の身になって、ちょっとした気配り、心配りで信頼残高を増やしましょう。それが成功するためのあなた自身への未来投資になります。

コンサルハウスHALUNO
余吾悦子